あなたの犬も歯周病にかかっているかも?!

犬の歯周病
犬の歯周病は老犬だけの問題・・だと考えていませんか?

実は、虫歯よりも歯周病にかかっている犬のほうが多いことをご存じでしょうか。基本的に犬は虫歯にならないんです。

それは、口の中がアルカリ性だから。虫歯は、虫歯菌が口の中の糖を食べて酸を出し、酸によって虫歯になります。でも犬は口の中がアルカリ性なのですぐに中和されてしまうからです。

また、人間のように甘いものを頻繁に食べないことも理由のひとつ。口の中の糖ももともと少ないので基本的には虫歯にならないというわけです。

その反面、一般家庭で飼われている犬の80%以上が歯周病になっているといわれています。歯周病には年齢は関係ありません。

口の中が酸性に傾きにくいということは、歯石はカルシウムなどのアルカリ成分なので、歯石がつきやすいといえます。

歯周病にかかりやすい犬

犬の口臭改善対策のページでも触れていますが、歯周病にかかりやすい犬というのがあります。

  • 柔らかいドッグフードを食べている犬
  • 唾液の量が少ない犬
  • 小型犬(体重10kg以下の犬)

柔らかいドッグフードを食べている犬

犬の歯磨き
歯周病は、歯にプラーク(歯垢)がついたままになっているのが原因です。

ドラフードと比べて、柔らかいフードは歯の表面につきやすく、歯と歯のすきまや歯と歯肉の間などに歯垢がたまりやすくなります。

唾液の量が少ない犬

唾液は口の中の細菌を洗い流し、抵抗力を上げpH値を一定に保ってくれる役割があります。

そのため、唾液が少ない犬はどうしても口の中のpH値が不安定で、その分、菌の繁殖もしやすいんです。

唾液の量は人間でも個人差があるように、犬種によって少ない、多いは関係ありません。個体差といって良いでしょう。

小型犬(体重10kg以下の犬)

日本は小型犬の割合が高い国です。マンションなどでは大型犬よりも小型犬のほうが飼いやすく、その小ぶりな体のかわいさも人気のひとつです。
小型犬
主な犬種でいうと・・
ミニチュアダックス
チワワ
ミニチュアプードル
トイプードル
ヨークシャーテリア
ポメラニアン
パピヨン
シーズー
ミニチュア・シュナウザー
フレンチブルドッグ
マルチーズ
コーギー
豆柴
パグ
ミニチュア・ピンシャー
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
ジャック・ラッセル・テリア
ビーグル
イタリアン・グレイハウンド
ミニチュアブルドッグ

ざっと挙げただけでもこれだけの犬種があてはまります。

歯周病ってどんな病気?

人間でもよく「歯周病」という言葉は聞きます。犬は人間よりも歯周病になりやすいということを覚えておきましょう。

歯周病は、歯垢がたまって歯石になることで進行します。人間の場合は歯石になるまで約20日かかりますが、犬の場合は3~5日で歯石化するんです!

歯周病と一言でいいますが下記のものをまとめてそう呼んでいます。

  • 歯肉炎
  • 歯根炎
  • 歯槽膿漏

わかりやすいものとしては上の3つが代表的です。

歯周病になるまでの流れでわかりやすい図があったので参考にしてみてください。
犬の歯周病

歯垢をちゃんと落とせていれば歯石にならないので歯周病にもなりません。

歯周病は、歯の汚れとは違います。歯が汚れていなくても歯周病が悪化しているケースが多いんです。

特に歯周病は痛みもないので、気付く時にはもう歯がグラグラして抜ける時だった、ということが多く、放置しておくとこわい病気なんです。

ひどいケースでは抜けた歯のうしろにも穴があいて皮膚を貫通してしまった、というワンちゃんも。外からみたときに、目の下にぽっこりと穴があいてしまった状態です。

もっとひどいのは、目が飛び出す、あごの骨が溶ける、腎臓病、肝臓病、心臓病などを引き起こす原因になることもあるそうです。恐ろしいですよね(*_*)

人間と同じく犬も長生きになった今、一番こわいのは歯周病だという獣医さんもいます。

歯周病にかかっていないかをチェック!

歯周病は見えないところでじわじわと進行していくのでこわい病気です。

歯と歯肉の間に「歯周ポケット」と呼ばれる空間ができ、そこに菌が入り込んで中から腐っていく見えない病気なんです。

ここで、ワンちゃんが歯周病にかかっていないかを見た目でチェックしてみましょう。

  • 歯茎がはれていないか
  • 歯周ポケットから臭い歯垢や膿がでていないか
  • 口臭がきつくないか
  • 慢性的にくしゃみをしていないか

歯周病がかなり進行すると、歯根とよばれる歯が生えている根っこの骨が腐って、鼻腔にまで膿が侵入します。

その場合はくしゃみがよく出るようになります。

くしゃみ程度では、風邪ひいたかな?ぐらいにしか思わないことが多いので見落としてしまうことが多いです。

歯周病かも?その場合はどうしたら良いか

犬の歯磨き
きれいな口の環境を保つための犬用おやつが売られていますが、それだけでは歯周病進行を遅らせることはできません。

歯周ポケットの歯垢と菌をきれいにすることが一番の対策です。

それにはやっぱり歯ブラシでの歯磨き。

歯磨きを嫌がるワンちゃんの対応策として、軍手やガーゼで歯の表面をきれいにする方法がありますが、それだけでは本当にきれいになったとはいえないので注意が必要です。

また、犬の歯は入り込んでいるため、歯の内側を完璧に磨くことはかなり難しいです。丁寧なブラッシングをし、口の中の環境をきれいに保つことが進行を妨げる方法です。

とはいっても歯磨きは面倒だし難しいもの。そんな時にはサポートするサプリメントでケアしてあげることも大切です。口臭が気になるワンちゃんはこのサプリを与えてみてはいかがでしょうか。

犬の歯磨きをしたことがないあなたは歯磨きトレーニングの方法を参考にしてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ